遊びの達人が選ぶモノってなんだろう

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ

どうも!中田ことシバキマンです。

クラブに遊びに来る人ってどんな人達なの?

以前、このような質問を受けたので真剣に観察してみました。

最初はどういうこと?と感じながらも観察してみると、俺にとっては自然に思ってたが

勝手にカテゴライズすると面白い。どういうことかって?

  • 音楽を純粋に愛する人
  • スケートが大好きな人

大きく分けてみた。この他にもお酒が好き、仲間が集まるから、女の子と出会いたい。

などなど、様々な欲求がある訳だけど、きっとこれいずれも当てはまると思う。

そもそもクラブなんて特殊な社交場。オモシロい人間の集合所みたいなとこ。

今日は「スケートが好きな人」をクローズアップしてみよう。

実は俺、スケーターって憧れの存在。

君はどう?

オシャレだし、何かと自分の世界観を持ってる人々だと思う。

当然クラブに居れば、その存在感もデカイわけだ。

まさに!

「遊びの達人」

この言葉がしっくりくるよね~。そんな遊びの達人は何を基準に洋服を選ぶのか?

  1. スケーターによる、スケーターのための洋服。
  2. プロ・アマ問わず、スケーターの動きや、スタイルの要望を常に考慮しているかどうか?
  3. スケートは趣味ではなく、ライフスタイルである。
  4. どんな場面(スケートに行く、アートショー、友達とビールを飲みetc・・)でも自分の着る服に愛着を持つ。

君はHUF(ハフ)を知ってるかい??

birnestでも人気の高いブランド、HUF。スケーターの服でしょ?ってよく耳にしますが、さっきも言った様に

遊びの達人の服なわけ!

ちょっとHUFについて語ろうか?そもそもブランド名の由来からいこうか。

創始者はキース・ハフナゲル氏。

1992からサンフランシスコをはじめ世界でプロスケーターとして活躍している。

ストリートアート、ポップ・カルチャー、スケートに対する情熱をビジネスとして繋げている人。

もとはNewYork生まれであり、育った都会に大きく影響を受けている。
“NYCは僕の世界観に多大に影響している、様々なカルチャーやストリートレベル

でのクリエイティブ活動を見たり、関わることができた”とは本人談。

NYCでの影響により、キース・ハフナゲル氏はサンフランシスコにある美大に入学することを決意。

そこでREAL SKATEBOARDにスポンサーされたことで、彼の大学生活は短くして終わった。
“スポンサーされて、プロになって、転機を迎えた。”
その後、10年間のスパンを得て、HUFはスケート界でレジェンドとなった。

彼の積極的なスケートスタイルと相違する自然体な性格がファンや

他のスケーター達に受け入れられ、人気スケーターとなった。

というのがキースハフナゲル氏の生い立ちでありHUFそのものの由来ってとこかな?

まさに創始者であるHUF氏そのものが”遊びの達人”ではないか!

そして情熱をビジネスとして繋げている。誰もが憧れるわけだ!

そんなHUFの歴史ってどうなん??

気になるよね。

過去、現代、未来をブレンドしたHUFはポップテイストをトラディショナルかつ、

新旧のハイブリッドであるHUFはスケーターによるスケーターのためのブランドである。

HUFはオールドスクールとニュースクールスケーター達をスポンサーすることで、

過去と未来にリスペクトを表しています。両世代への肩入れによりHUFは進化し続ける。
メジャー(NIKE)から小さな会社まで幅広くコラボをしており、メイド・イン・USデニムや

ハイセンスのアウターウェア、高いクオリティーのTEEやキャップなど、

HUFはルーツであるスケートマーケットでのさらなる飛躍を期待されている。

つまり人生をより楽しく過ごしたい人々の為の洋服ってこと。

ということは、クラブに来る人ってどんな人??って質問の答えは!

人生をより楽しく過ごしたい人々が来ている。

ってことになるんだよ~。。 どうだった??おもしろいよね!

HUFも気になってきたんじゃないかな?アイテムも紹介しましょう!

靴下が爆発的人気を誇るHUF。 え??靴下??って思うかもしれないが、

靴下ですら自分のファッションに取り入れたくなるってこと!!

そんなストリートに多大な影響を与えるHUFの靴下はこれだ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERAHUF-S3HUF-S

HUF-S2

他にもカッコいいCAPやTEEシャツ、パーカー、JKTなどHUFの商品多数入荷してますよ!

詳しくはWEBをチェック>>>>> http://www.birnest.com/home/huf/

通販はもちろんお受けしてます。

 

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

人生1度切りだもんね。年老いた時に「後悔」しないよう遊びの達人になりたいね!

シバキマン