『ダサいなぁ』なんて言わせない!

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ

『オマエ、ストリートファッション?ダサいなぁ』

ストリートファッションってどうなんですか?

どうも中田ことシバキマンです。いきなりパンチの利いた言葉で圧倒されてない?

いや、大丈夫だよね!

君は何の為に洋服を着てる?

世の中には数え切れない程の洋服があるよね。

その中で君が今まで着ていた物に不安を感じたなら、ちょっと俺の話を聞いてほしい。

何をきっかけにこの服と出会えたのか憶えてる?

俺は現在35歳、中学生の父息子をもつ親でもあるんだけど、

自分の着ている服に疑問を持った事など一度もない。

普通ってモノを俺は分からないんだけど30代

っていうともう「いい大人」だよね?

その大人が自己責任で洋服を選び着てるんだ。

10代から変わらず、このファッションを好んでいる。

ただ、好きってわけじゃなかったでしょ?

俺達のファッションは!

思い出して欲しい、最初はあの先輩に憧れて。。

あの音楽にハマりだしたこと。

あのアーティストに受けた衝撃を。。

俺達のファッションてこの繋がりがある!

ハッキリ言おう。

「気にする事なんて何も無いぜ」

俺達が着ている洋服にはカルチャーやバックボーンがしっかっりあるんだ。

いつまでも憧れを抱いていられるって素晴らしいと思わない?

夢や憧れを無くし、無難なモノにしか手を出せなくなってる。。

これって一番ダサいと思うんだよね。

そもそも、俺達の精神て何だ?

俺は声を大にして言う、

「FUCCCCCKKK!」

FUCK-2

昔からそう、学校に、社会に、組織に、バビロンシステムにむけて。

「憧れ」が「諦め」になった瞬間、人はダサくなるんだろうね。

子供の頃、ヒーローごっことかしなかった?

プロのサッカー選手や野球選手の真似しなかった?

俺は思うんだけど、いつまでも「少年の心」ってやつを持ち続けていたいね!

普通って言葉や、周りに流されるな!

そもそも、流行りなんかで着ちゃいない。

これは自分を表現する一つの手段。

聴くミュージック、乗るクルマ、スケボーだってそうだ。

コンクリートの街中に生きるファイターとして。

つまりスタイルなんだよ。

だから、だせぇって言ってくる連中に言ってやれ!

「アナタは何の信念でその洋服を着てるんですか?」ってね!

FUCK-1

でも、おっさんになっても着れますか?だって?

心配ないよ。いつだって君のスタイルなんだから。

最高にカッコいい洋服を着て、出かけようぜ!

いつだって、街の主役は君なんだから。

今日も最後まで読んでくれてありがとう!

君のファッションライフが理想に近づく事、応援してます。

シバキマン