こんなお手紙いただきました。

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ

お問い合わせでこんなメールを頂きました。

ブログ掲載の了承を得たので紹介させていただきます。

岐阜県高山市 在住 Y-Mさんより (24歳)

birnest中田さん、初めまして。バックチャンネルを検索してたらbirnestのブログを発見し、

いつも楽しく拝見させてもらってます。

服のことについてのメールじゃないのですがすいません、聞いて欲しいです。

最近、友達にまだそんなヒップホップが好きとかいうてんの?と少し馬鹿にした口調で

言われ正直、悔しさと恥ずかしさで胸いっぱいでした。

見返したいとかでは無いのですが友達は音楽についてかなり詳しいので、なかなか音楽の話になると

ついていけません。こういうときはどうすればいいですか?またヒップホップのコレって曲はどんなでしょうか?

——————以下 中略——————————————-

こんにちは!店長の中田です。

年末に向けて全国各地で今年の締めくくり的なパーティが予定されてくる時期に突入ですね。

オシャレはもちろん、HIP-HOPが大好きな僕等にとってはワクワクしちゃいますよね。

ところで、Y-Mさん!勇気あるメールありがとうございます。

なんだろうね?分からない事って最初は当たり前なのに、

聞くのがいつの日からか恥ずかしい事になる瞬間。

誰にでもありますよね。

友達がドンドン深いコアなところへ行っちゃったわけだよね。

「最近、こんな感じの曲に興味があんだけど~、知ってる??」

みたいな感じかな?いやぁ~、わかるなぁ~。

そして、ちょっとそれがカッコ良く聴こえるし、

友達が、なんかカッコよく見えてしまう瞬間だと思います。

俺も最初は軽いノリでREGGAEを聴き始めたんだけど、

追求してくとCDじゃ手に入らない曲がたくさんある!ってことで

アナログレコードを集めるようになって、

更に更に年数を重ねて今現在に至るわけなんだけどね。

人ってなんだろう、進化するもの

だから、ドンドン追求したくなるもんなんだと思う。

好きなことだから、スピードも速いし吸収力もすごい。

だけどね、それが正解!ってわけじゃないと思います。

いろんなジャンルも細分化されて細かくなってる。

メインストリーム(メジャーな曲)がもちろんあって、

アンダーグラウンドがカッコよく思えてしまう。

正直に言うと僕はHIPHOPの事は、

全然詳しくないんだよね~。。  ゴメン!!

90年代のWu-Tangを始めSMIF’N’ WESSUNやBLACKMOON、TheROOTSとかね。

そうそう、2PACやビギー

なんかもレコードは持ってるんだけど、ノリで買ったし自分がイイと思って聴いてました。

周りの人に合わせるんじゃなくて、自分の気持ちに正直でいいんじゃないかな?

どうしても最初は不安を感じるとは思います。

自分が気持ちよくないものって楽しくないよね?

音楽にしろ、ファッションにしろ、ただ流行を追いかけてると腐ってしまう。

これはあくまでも、俺の個人的な意見だけどね。 でもどうだろう、君はどう思うかな?

Y-M君はどんなのが好きなのか、また教えてよ!

単刀直入に答えると、HIP-HOPでコレダ!って曲は

僕にも分かりません。。

何故かって?

それは1人1人持ってるもの(感受性)が違うと思うからです。

ただし、「僕は今こんなの聴いてますよ~!どうですか?」

ということはハッキリ言えます。

つまりは、「自分が好き!」と感じたものでOKだと思います。

人はずっと、何かに憧れる生き物だと思います。

最初に憧れたものが変わり、また違う何かに憧れる。

繰り返しているうちに、いつの間にか

自分の味となり、周りから憧れる存在に

近づいていくのかもしれませんね。

 

追伸

僕はレゲエのダンスホールという分野を得意としてDeeJay(マイク持ち)やSelector(レコードを回す人)

をやってきたんだけど、ここ数年で興味が違うところに向かって行ってね~。

海外では既にガンガンに受け入れられてて、そういった文化(カルチャー)も根付いてるんだけど。。

富山で今、頑張ってNewRootsミュージックを広めようと頑張ってるとこなんだ。

だからね、興味ってドンドン変わるし進化するもんだと思うよ!

自信を持ってイイと思うし、もっとガンガンのめり込んでいって欲しいな!

俺のオススメのYOUTUBEを貼り付けとくから見てみてよ。

CHANNEL ONE SOUNDSYSTEM の最後の1曲。 こんなREGGAEも世界にはあります!

売れればいいって価値観じゃない、本質、本物を見抜いて、好きなこと続けていきたい

最後まで読んでくれてありがとうございます!

音楽もファッションも、楽しく。今週も週末がやってきます。

限られた時間、とことん遊ぼうじゃないですか!?

中田