「人と同じが安心?」|14歳でも分かってしまった事実

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ

こんにちは!今日もこの記事を読んでくれてありがとう!

バーネストの中田です。

35歳、現在中学2年の子供を持つ父親。

これがオレのもう一つの顔なんだけど当然のごとく、うちの息子が

生まれた時ももちろん、キミと同じハダカで生まれてきました。

当たり前だよね。

生まれた瞬間からタオルケットに包まれ、そして成長に連れて服を着ていく。

もちろん「自分の意思」が芽生えるまでは親の趣味に沿った洋服を

着させるわけだ。お金をかけて「カワイイ洋服」を着させたり、

子供に対して親の自己表現を洋服で表してると思う。

俺もそうだったからね。だって、俺の子供の頃なんて

ジャージが主流で、まずこんなに選択肢がなかったんじゃないかという時代だもんね。

小学生でデニムを穿くなんて、まず考えつかなかった時代だよ。

だから子供にも良い物着させたいって親心なんかな。。

b-4

キミはどうだった? う~ん?あんまり憶えてない?

 

昔はどうであれ、

今こうしてファッションに目覚めてるわけだ。

今の時代はさ、値段がとても安く、身近に洋服が手に届くよね。

そう思わない?

1枚何百円のTeeシャツ、三千円もだせばジーパンだって手に入る。

そもそも冬の防寒着なんて1万円以下で大量に陳列されてるお店があるよね。

洋服を購入するという、最初の入り口としては、最高に良い条件だと思う。

うちの息子には、小さい頃から洋服を選び、良い物を与えてきたつもりなんだけど、

中学に入った当初、新しくできた友達の誰しもが、「量販店の服」を着ていたことで

自分が着ている服は「奇抜でおかしい?」と思ったらしい。

息子には最初の自我が芽生え、自分の意思で量販店の洋服を買うようになりました。

「僕もみんなと一緒!だから安心」

そう言って、息子なりのファッションを楽しんでるだなと思ってました。

が、しかし今年に入り色気がつき始めたのか。。

14歳にもなると、オレが着用しているサイズと近い体型になり

「父さんの格好みたいの、したいんだけど。。」と相談してきた。

もちろん、量販店のアイテムでなるべく近い感じにコーディネートをしたんだけど、

「なんか、違う….」 「こんなんじゃない!」

理想には近づけない状態でした。

「父さんの服、着てみたい」

おぉ!キタ~っ!と思いましたよ、そりゃもう。

サイズはM、モノによってLサイズでジャスト。

オレの部屋の中で、試着大会が始まりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

TEEシャツ1枚でもカッコいい!

おお!そのパーカーで遊びに行きたい!

なんだ、このジャンパー、暖ったか過ぎる!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

息子は笑顔で喋る喋る。

次の土曜は、~でこれを着て遊ぶんだ。

などなど、見てるコチラも楽しくなってきた。

どうですか?不思議な箇所に気づいた??

量販店で買ってた頃は、「人と同じが安心」

というだけで、コレを着て何処かへ出かけるんだ~!

なんて気持ち沸かなかったんだって。

ただただ服を着るという行為と

ファッションは違うよね。

キミもウンウンてうなづいてるのが見えるよ!笑

同時に、14歳でこの洋服に出会ってるのか~、

いいなぁ~というような声も聞こえてきそう。。

でもね、ウチの息子も自分で意思を持って行動したんだよ。

そこで、改めてオレも学ばせてもらったし、気づかせてもらった事がこれ。

 

量販店で昨年のお年玉全てを注ぎこみ「満足」してた。

↓  ↓  ↓  ↓

なんか違うな?と疑問を抱き、理想のファッションについて相談した。

↓  ↓  ↓  ↓

自分の理想に近づいた! 出かける事自体が楽しみになった!

↓  ↓  ↓  ↓

たった1年で量販店での購入した洋服は着なくなった。

ほとんど着ずに捨てたいとまで思った。

↓  ↓  ↓  ↓

安いからと言う理由は無駄な出費に繋がるのだということ。

高いけど好きなものは長く愛用し大切にする。

自己表現⇒イコール自己投資、自分磨きに繋がる。

 

これは早いうちに知っておくといいと思う。

あのオシャレを楽しむ人達が気づいてた事はこれだった。

まぁ、お金の問題もあるからそれこそ自分で稼いだお金でというのは言うまでもないけどね!笑

高校生からファッションに目覚めたって友達が周りにいないかな??

その友達ってスゴク輝いて見えなかった??

若いうちから輝きを放つっていうのと40代からお金に余裕ができたのでっていってファッションに目覚める

のとじゃ人生の幸福度が全然違うと思う。

20代から磨き上げる感性=人生の土台そのものが変わる。

それくらい洋服にって、ファッションにって、チカラがあるとオレは信じてます。

誰もが生まれた時はハダカだった。

安心して、オレもそうだし、あの雑誌にのってるような有名人もそう。

最初からセンスがあったわけじゃない!

キミがもっとセンスよく着こなしたい、ファッションについてもっと知りたい!

って思うなら、いつでも相談してください。

オレのできる範囲なら、何だってお応えするよ。

最後まで読んでくれてありがとう!

スタイリストアドバイザー

中田 俊一

追伸

ブログではこんなに長くなるけれど。。

もっと気軽に、手短にファッションを楽しむコツをメルマガで配信しています。

中田がお送りする「ファッション、ラジオ番組」

みたいな感覚でお届けするメルマガに登録しませんか?

新しい気付きや、もっと毎日が楽しくなる!

そんな気持ちをキミと共有できればと思います。

登録はチョー簡単!メールアドレスと名前を入力して、
「送信」ボタンをクリックするだけ。10秒で終わります。

メルマガ登録はこのページへ>>>>http://birnest.net/mail-magazine/