ブランド、ブランド。。ブランドって何だ?

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ

blog-1

ブランドって聞くと、ちょっと拒否反応を示しちゃいませんか?

こんにちは!中田です。

ブランドをうまく活用するメリットと言えば、自分のしたいファッションに統一感が生まれたりとか

様々なメリットがあるよね~。

しか~し! やはりデメリットもありますので含めて紹介していきましょう。

まずはブランドについて

ブランドと聞くとやはり、高いイメージありますよね?

高級なモノを想像しませんでした? CHANELとかGUCCIとか??

確かにそれはそれは、高級ブランド。一流品ですね。

しかしながら、現代では色んなモノにブランドという名のタグが付けられてるのですよ。。

価格だけではないと言う事。

バーネストのようにセレクトショップでありながら自社のブランドを立ち上げると言うくらい

ややこしいワケですよ。

更に言ってしまうと、しま●らやユニ●ロだってブランドだと言えるわけなんです。

どうでしょうか? ブランドって言葉の呪縛が軽くなってきましたか~?

それじゃ、簡単にブランドの種類を分けて説明するね。

ブランドの種類について

インポートブランド

簡単に言えば海外ブランドの名称。一般的にモードブランドと呼ばれているものだったり、

先程の大物一流ブランド軍団といった感じで考えてくださいな。

もちろん、お値段は普通の人じゃ相当~無理しないと買い続けれませんよね。。

価格帯が高く、お手入れも大変。服のオタク、もしくはセレブ以外が手を出すと。。。

金銭面でとても痛い目に合います。

ドメスティックブランド

国内のデザイナーズブランドのことをドメステックブランドと言いますね。

お値段もピンからキリまでとありますが。。

比較的、高めだと思います。日本製の場合は比較的長持ちします。

バーネストで取り扱ってるバックチャンネルやバウンティハンター、ファイブオー

クレープマンなどが当てはまりますね~。

セレクトショップオリジナル ブランド

バーネストのような小さなセレクトショップのお店でも、オリジナルとして商品を販売しているもの。

価格帯も比較的手ごろなのが、魅力かと思います。

ビームスさんのようなセレクトショップが販売しているオリジナルを想像してもらえればといった感じです。

しかしながら、規模によってはドメスティックブランドと呼ぶので難しい線引き。。

ファストファッション ブランド

もはや説明不要のユニ●ロさん、しま●らさん等、更に言ううならばイ●ンモールなどショッピングセンターに

加盟する量販店といえるかな。最近は結構見た目も良い感じに見えるものもあると思うけど、

安くて長持ち、もしくは服なんて使い捨てって人向けのモノ。(作業着として使うとかね)

ここでハッキリ言っちゃうと「服に興味ない人向けとも言えるかも」

安くて買ったは良いけれど、着れなくなるパターンが多くないかな?(実体験です….)

図に表すと分かりやすいかも!ってことでこんな絵図を作成してみました~。

バーネストで取り扱いしているものを踏まえて、見てみましょう。

blog-2

 

あくまでも、バーネスト取り扱いのブランドや有名ブランドを用いての話として聞いて欲しいんだけど、まぁ当てはまってると思います。

さてここで、ブランドのメリット、デメリットは?? 気になるよね。

ブランドのメリット

統一感を出しやすい(イメージ)

シルエットが洗練されてる

長持ちする(日本製はかなり長持ち)

ブランドのデメリット

ズバリ!値段が高い

いつブランドがなくなるか分からない

ブランドについてまとめると….

人気ブランドだから安心って考えもあるよね。

大好きな洋服を着た自分を鏡で見て、「俺ってば、最強だぜぇ~!!」

って思ったことない??オレ個人としては、それはそれでベストだと思う。

まぁ逆に言うと、服を買う頻度が上がるに連れて、

着る服が固定されてくるってことにもなるんだけどね。

好みが分かってきたというか、自分の好きなものばかり集めてしまう的な感じ。

例えば、「あれ?オレの持ってるジャケットって柄物ばっかり..」とか「黒ばっかりなんですよ..」 とかね。

どう? 思い当たる節ないかな?

しかし、それが間違いってワケじゃないのでご安心を!

オレも黒が中心だもんね。

良くも悪くもあると思うけど、正直自分の好きなブランドであれば感謝の気持ちみたいな感情わいてこない?

逆に言うと自分が大好きだったブランドが無くなると辛いっすよね~。。 ここ最近は特に多かったので。。泣…

好きなブランドを見つけるってのは、

自分の相方を見つけるようなもんです。

ブランド物にはどれもイメージがあり、ブランドの持つカルチャーもあるよね。

デザイナーの持つ個性や私生活が反映されてるところも魅力だと思わないかい?

だからこそ、好きな音楽が共通だったりとかって意味でも相方感が増すよね。

大切な時間を過ごす時、お気に入りのブランドを身に付けて出かける。

こんな感じで、キミにあったブランドを見つけるともっとファッションが楽しくなるよ!

かといって、全身をブランドでまとめるのって、お金もかかって大変だよね。

オレも昔は「GAP」とかファストファッションと呼ばれるモノも取り入れて

楽しんでた時代があるから、そういったテクニックもあるわけで、

一概に、ファストファッションが完全にダメって言ってるわけじゃないんだ。

例えば、TEEやパーカーや帽子など小物は好きなブランド物で、チノパンはGAPみたいな感じ。

だけど、さっきも言ったように好きなブランドでまとめると、統一感もでるし、

カッコいいよね。

 

最後まで読んでくれてありがとう~!

ブランドについて少しでも身近に感じてもらえると「いいね!」

中田