このテクニックだけでパンツ全体の雰囲気を変えることができます。

投稿日: カテゴリー: STAFFブログ, アイテム情報

こんにちは!birnest中田です。

過去にも腰で穿く?ウエストで穿く?どっちが正解なの?

というパンツの穿き方について書きました。

最近では裾をロールアップしての着用が主流ですので、

着用時のシルエットについて全く気にしてなかったのですが。。

バギーパンツのような太めなパンツを愛用する方もかなり増えてきました。

しかも、ロールアップはしたく無い!

という意見もよく聞きます。

まぁ、ファッションなんてそもそも自由

だと思いますので取り入れるか否かはやはりその人次第ってとこもあります。

ただ、だらしなくなって見える。

これは、まぎれもない事実なのです。

だから!

せっかく、カッコいい洋服をゲットしてるのだから

もっと、カッコよく着こなせるようになると嬉しいですよね!

今日はこの2つの悩みに当てはまるならば読んで損はないかと思います。

  1. 足の短さがコンプレックス
  2. 靴の着脱が実は面倒だと思ってる

まず、足の短さをカバーするためにも太目のパンツで腰履き。

これは、だいたいハマります。ややダボっとしたシルエットで隠すことは可能。

しかし、クッションがたまりすぎて野暮ったくなるので注意が必要。

 

同じコーディネートで違いを見比べてみよう!

いかがでしょうか?

全くの同一人物で同じ場所、コーディネートで撮影したものです。

どちらの写真が好印象でしょうか?

・・・・・

 

・・・・

 

・・・

 

どうでしたか?

実はここに注目して欲しいのです!

何が変わったかわかりますか??

 

はい!

「裾を曲げた。」

 

惜しい!!

 

実は、ブーツの履き方。
いや、紐の結び方を変えたのです。

 

2番目の 靴の着脱が面倒くさい

この問題、実はかなり深刻。

これは、足元をスッキリ魅させてくれるスニーカーやブーツが台無しになる履き方。

今回はティンバーの紐をキュ〜っと縛り上げるだけで、ものすごくスッキリしました。

デニムの穿く位置も変えていません。

たった、このテクニックだけでパンツ全体の雰囲気を変えることができます。

ぜひ、試してみてくださいね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。

あなたのファッションライフ応援しています。

中田


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA