birnest style mag #7

      2022/02/23

こんにちは!birnestのコータです^_^

今日から今までとは少し違う style mag を書いてみます。

それは!僕のおすすめのブランドや気になっている靴、趣味などなど。

皆さんと一緒に共有していきたいということで!

少し変わったstyle mag を更新していきます!

このブログを読んで誰よりも先にトレンドを見つけましょう!

僕自身、そんなにトレンドは知りませんがみんなで探れたらいいですよね^^

第一弾!一発目はこのアイテムをご紹介!

 

adidas / SUPERSTAR


最近では、履いている人がまた
増えてきてよく耳にしますよね^^

スーパースターの歴史は長く、一昨年に "50周年" を迎えました。

それでは、スーパースターについてディグっていきましょう!

スーパースターがストリートのアイテムとして利用され始めたのは、1980年頃。

ヒップホップ革命の中心にいたニューヨークのクルーたちがスーパースターをはき始める。

中でもRun D.M.C.はスリーストライプスのジャージにスーパースターを合わせてブームを牽引。

Run D.M.C.は1986年に大ヒット曲となる「My Adidas」を発表。

それがこちら。

↑RUN-DMCのMy Adidas

スポーツ選手以外で初めて、アディダスと契約を交わしました。

RUN-DMCがスーパースターのシューレースを外し、シュータンを外に押し出して履くスタイルが

えげつなくカッコ良くて、当時若い世代がめちゃめちゃ真似してたみたいです。 

そしてこれをきっかけにジャージにスニーカーの合わせ方が、

ヒップホップを象徴するスタイルになったんです!

1990年頃、耐久性とはき心地のよさ、そして何よりひと目でスーパースターとわかるシェルトウのデザインで、90年代にはスケートボーダーにも支持されるようになりました。

スケートボードがストリートへとシフトした時代に、マーク・ゴンザレスを始め多くのスケーターに愛されました。

今では、birnestでも扱っている TIGHTBOTH や Evisen のライダー達にもスポンサーとして付いていますね。

ついこの前もEvisenのライダーである三谷小虎くんがadidasのツアーに行ってましたね。

気になる方は、こちら。

小虎くんもよくスーパースターで滑ってますね〜。

やっぱりイケてるライダー達が履いてる靴は、魅力しかないっすね。。。

2000年代には、スーパースターのカルチャーに影響を受けたアーティストやクリエイターが、独自の解釈で着用し、コラボレーションも続々と出始めました。

周年にはスペシャルなモデルが登場し、スニーカーマニアの争奪戦が繰り広げられるほど価値が高いものも。

50周年となる2020年は多様なデザインのスーパースターが登場し、ファン層を広げています。

個人的には、映画「mid90s」に出てくる "Ray (レイ)" という人物に影響を受けましたね〜。

↑左 : スティーヴィー / 右 : レイ

極太のデニムパンツを腰履きして裾がたまる感じ。そして足元はスーパースター。

激喰らいました笑

 

FTCとFATから発売中のこちらのデニムが超おすすめです!

 

FTC / EMB (Mid Wash)

16,000円(税込17,600円)
 
171cm/52kg Msize着用
 
 
 

 

FTC / EMB (Wash)

16,000円(税込17,600円)
 
171cm/52kg Msize着用
 

 

 

FAT(エフ・エー・ティー)BLUSIE (BLUE)

22,000円(税込24,200円)
 
171cm/52kg SKINNYsize着用
 
 
 
僕もFTCのEMB (Wash)持ってるんですけどバチバチに調子いいっす。
 

何かに影響されてそれを真似るのもファッションの楽しみ方です。

人それぞれの楽しみ方、感性がありますからね!

カッコイイ、カワイイが全てじゃないですよ〜^^

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!

Instagramも更新しているので是非チェックお願いしま〜す!

 

 

 

 

 

 

 - STAFF Style mag