店長の一人言コーナー

   

どうも!birnest店長の安倍です。

店長のひとりごとコーナーを超が付くほど超暇な時に書いてみようって気持ちで始めます。

店頭だと何気ない普段のやりとりでするような会話をこの場でひとり…

呟いていくスタイルで

 

BRONZ 56K

今回は今年2022年より新しく取扱いをスタートしたニューヨークの謎多きハードウェアブランドのBronze 56kについて

カルチャーセレクトのレベルが高い、ギミックの効いたアパレルデザインで常に一歩先を行くセンスの光る要注目のブランドだと思います。

スケーターならチェックしてほしいけど、僕自身はスケボーはかじるだけなのでスケーター諸君は着るべき!!
なんて言えません。

 

が!しかし!

 

ファッション好きなら必ず「心掴まれる」アイテム多しなんです。

僕は全然、デザイン重視でチョイスしてもOKだと思ってます。

はっきり言います。

「スケーターはかっこいい!

でも俺はスケーターにはなれない

だからファッションを通してスケボー界を応援する」

 

そんなんでもいいんじゃないかな?

ファッションて。

 

そもそもBRONZ56Kを取り扱いたい!って決め手になったのはこの記事を読んだから。( 以下VHSMAGより抜粋 )

 

V: Bronze 56Kとはどんなブランド?という問いに対して

 

Bronze 56Kとはチャンスを与えられずにスケートショップの棚に商品が最後まで残っているようなブランド。1位にならなくてもいい、3位でもクソヤバいということを伝えたい

 

このアンサーにグッときました。正直グッというよりもビビビっ的な感覚。

 

なんか良くないですか?

 

共感できるならぜひぜひ、袖を通してその世界観を味わっていただきたいです。

 

とにかくカッコいい生き方している奴らが作っている洋服を着て自分も近づきたい!気分だけでも上げたい!

 

それで良い それで良い そこからちょっとでも自分自身が気分上がってカッコよくなれたら最高じゃねぇか!

 

そんなひとりごとでした。

店長 安倍

 

 

ローファイでノスタルジックな映像表現で知られるNY発のハードウェアブランド。スケートの枠にとどまることなく高感度なファッションヘッズからもカルト的人気を集める謎の集団。

ちょっとでもBRONZ 56Kが気になったらこちらをご覧ください

Bronze 56K
bronze56k.com

 

NYを拠点に活動するHardwear ブランドとして2011年に活動を開始。

独特の世界観のある映像もYouTubeでどうぞ!

ファウンダーはPeter Sidlauskas。

独特なナードな雰囲気とNYのLOWな空気感をダイレクトに反映した映像が話題を呼び、徐々に注目されながらもそのスタンスを崩さず、現在も動き続ける稀有な存在。PALACE/S&SのSHAWN POWERS(ショーン・パワーズ)やZooYorkのKEVIN TIERNEY(ケビン・ティアー二ー)、 DGK/DCのJOHN SHANAHAN(ジョン・シャナハン)、HARDBODY/Grand CollectionのNICK FERRO(ニック・フェロ)など、アップカマーは全員所属していると言っても過言ではない。 今やニューヨークスケートシーンを語る上で欠かせない存在となっている。

 

ちなみに僕のオススメTシャツはこれ!

 

BRONZ56Kの商品ページはこちら

 - STAFF Style mag